ヨーロッパ

最後の戦い


    7.4/10

    「第一次世界大戦末期、内部破壊工作によってドイツは荒廃し、ワイマール新政府は腐敗した男たちによる略奪にまみれ、ドイツ文化と社会秩序の破壊を監督していた。 すべてが崩壊した後、たった数年ですべてを好転させた男がいた。ドイツ国民が繁栄し、幸せに暮らし始めたとき、敵は宣戦布告し、ドイツ国民を徹底的に滅ぼそうとする。 第2次世界大戦にまつわる真実の出来事は、あなたが歴史の授業で教わったことも、学校の歴史教科書で読んだことも、テレビで見たことも、ソーシャルメディアのフィードで偶然目にしたこともない。 しかし、それはすべて起こったことなのだ。歴史の記録から抹消され、失われてしまった、、、今までは。そのことを誰かに言おうものなら、すぐに口封じされるか、刑務所に入れられるだろう」。 - Apu Apujasta